いくらかかる?

海外ウエディングともなると、膨大な金額がかかってしまうと
思うのもしょうがないでしょう。

しかし挙式だけの場合、日本よりも安く収まるのです。
挙式のみは約20万〜、それに加えドレスや写真が約20万〜
後は滞在日等を含めるだけなのです。
全額しても日本の披露宴よりも安くすませられます。

また費用とは別にチップを払う習慣がある海外では
挙式の前にチップを払うのは失礼な行為とされています。
牧師の方に直接払うのではなく、教会へ払うようにとされています。

日本の習慣とは違う所に戸惑う時もあると思いますが、
海外ウエディングをする前に下調べをしておきましょう。

海外挙式をする場合、ブライダルエステ等は前もって
日本で済ませておき、女性のネイルなども日本語が通じる
日本で済ませておくのが良いでしょう。
海外では挙式のみだと考えておくと当日もバタバタしなくて済みます。

参列者にも十分な手配をしておくと、
新郎新婦共に満足な海外ウエディングが出来るでしょう。

フォトウェディング

ここ最近、結婚式にかける費用がどんどん低くなり、
プランによってはとても考えられないような破格で挙式することも可能となりました。
フリーのブライダルプランナーも増え、
お二人の費用やイメージに合った小さな結婚式も立派に執り行うことも十分可能となっています。

どうしても費用が不足している、でも一通りのことはしたい。
そんな方に、おすすめのプランがあります。

フォトウェディングというプランです。

その名の通り、写真による結婚式。
お二人だけの挙式とお写真がセットになったプランなどで、
写真に重点を置いた結婚式スタイルと言うのが注目されています。

写真は今この瞬間というものを切り取ります。
時期を見て結婚式や披露宴を開くにしても、
結婚したこの瞬間を逃したくないという方にも大変おすすめです。

じっくり二人だけで納得行く写真が撮れるのもメリットの一つです。

海外ウェディングに欠かせない費用

ハワイウェディングに限らず海外ウェディングで必要となるのが渡航費・滞在費。
日本国内で挙式する場合にはそんなに高くありませんが、
海外で結婚式を挙げるとなるとどうしてもそれなりの金額がかかってきます。

ハワイの場合、日本人観光客が一度に増えるゴールデンウィークやお盆前後、
それに卒業旅行シーズンである3月から4月上旬にかけても航空券が値上がりします。
この時期はゲストにとっても都合をつけやすい時期であることからウェディングに最適のシーズンでもありますが、
もし日程をある程度自由に選ぶことができるのならばオフシーズンを狙うと費用を抑えることができます。

世界中から人が集まる年末年始は航空券だけでなく滞在費もぐっと上がります。
滞在費は宿泊先のクラスやタイプによって様々です。
観光やショッピングのために宿泊先をリーズナブルに抑えるのか、
せっかくの記念だからとワンランク上の部屋を取るのかよく考えましょう。
航空券と滞在費はセットになったパックがおすすめです。

できることを自分で

ハワイに限らず海外挙式では何かとお金が掛かるイメージです。それは何故かと言うと、国内での結婚式と勝手が違うので

どうしても業者に頼みがちになりやすいからです。

最近ではお手頃な価格のプランなども増えていますが、基本的には安くはありません。

つまり、安くするには自分たちで補えば良いのです。例えば、持ち込みを増やすこと。

招待状やウェルカムボードなど、手作り出できるものは自分たちで作り、会場に持ち込むのです。

(式場によっては持ち込みをお断りしている場合もあります)

式に限らず二次会も持ち込みを受け入れている場合は現地調達も可能です。費用を抑えるチャンスと言えるでしょう。

他にも飛行機や宿泊先を自分たちで予約することができれば、手間はかかりますがかなり予算を抑えられます。

ただし言葉の壁がありますのでトラブルや誤解には随時対応しましょう。

このように、自分たちができることを最大限できるのであれば費用を抑えることは可能です。

とは言え、式の前の段取りを前もって計画しておかなくてはなりません。自分たちの準備に加えて招待客の準備もしなくてはならないのでかなりハードです。その手間を考えると、お金を払ってその他の準備を業者に任せるだけの価値はあると思います。